業界初の新しい出会いの提案!「愛人交際デートクラブ」

お役立ち恋愛情報コラム

愛人へ渡すおこづかいの本当の意味と相場を徹底解説!

2019/06/19

XXXX/XX/XX

おこづかいの本当の意味と相場

愛人へのおこづかいは「手切れ金」
愛人へのおこづかいと言えば愛人契約を交わしたときの報酬金のようなイメージがありますが、本当の意味はそうではありません。女性にとっては少し残酷な言い方になりますが、「手切れ金」というのがおこづかいの本当の意味のようです。

男女の考え方の違いからおこづかいは生じる
愛人契約を交わすと、大抵の場合は体の関係を持つことになります。そして、ここでの最大のポイントは、性交渉に関する考え方の男女の違いです。
一般的に、女性は性交渉を重く捉え、積極的でないと考えられています。好きな相手にしか性交渉を許さない、または好きな相手でも許さないのはこのような考えからきているようです。つまり、女性にとって体の関係をもつということは、「愛を確かめる行為」であり、コミュニケーションなのです。

一方の男性は、性交渉を本能的なものと捉えがちです。人間の体の仕組みとして子孫を残すためのプログラミングが存在するため、男性は愛の前に性交渉という「行為そのもの」が優先されてしまうことがあります。
もちろん男性にとっても、好意を寄せる相手との性交渉は愛を確かめるものです。しかし、相手が愛人となるとややこしくなるのです。愛人との性交渉も愛を確かめるものですが、それならばもともと家庭を持たずにその人だけを愛せばいいという話になります。愛人を持つということは、「一度にたくさんの女性を愛したい、関係を持ちたい」という願望が隠れているのです。
ですが、この違いは皆さんがご存知のように、愛人関係を持つ彼らも知っているのです。だからこそ「おこづかい」なるものが生じます。

おこづかいは愛人契約の保険
男性が愛人におこづかいを渡す理由は、お金を払うことで感謝とお詫びの気持ちを伝え、その関係に保険をかけているからです。
感謝とお詫びの気持ちというのは、「性交渉に積極的でなく、しかも一番に愛されているわけでもないのに性交渉をさせてくれてありがとう」ということ。そして愛人契約の保険というのは、もしも関係が破壊した時、「お金を払っていたのだから後腐れなく愛人契約を解消できる」という意味です。だから、おこづかい=手切れ金なのです。

そう考えると、なんだかあまり良い気持ちにはなりませんよね。しかし、誰かを好きになる気持ちは誰に止められるものでもありません。もし愛人関係になるのであれば、しっかりと「おこづかいをあげる」「おこづかいをもらう」ということをするのも相手への礼儀と言えるでしょう。

おこづかいに具体的な相場は無い!

おこづかいに具体的な相場は無い

実際に愛人がいる人がどれだけのおこづかいを払っているのか、相場が気になるところではありますが、残念ながらおこづかいに相場というものはありません。
しかし大体の目安としての金額は、一度のデートで性交渉をしないのであれば20,000円から40,000円ほど、性交渉をするならば40,000円から70,000円ほどに値段が上がるようです。

金額は相手としっかり話し合おう
おこづかいの金額で関係がギスギスするのもおかしな話です。大切なのは「双方が満足する金額にする」こと。
女性としては、立場的に望む金額を言いづらいことがあるかもしれません。男性も、自責の念からやたらたくさんお金を払ってしまうかもしれません。しかし、愛人関係であるとわかっている以上、お互い割り切って話し合うのが一番です。

もし相手が納得してくれなかったり、それが原因で揉めるようなことがあれば、関係を解消することをおすすめします。その時は、所詮その程度の関係だったと思いましょう。

大切なのは相手との「信頼関係」
おこづかいを渡すタイミングは、基本的には男性の渡したいタイミングで構いません。お金を払う側としてここは強気に出ましょう。支払い方法も自由で構いません。
デートの度に渡すもよし、口座に振り込むもよし、なかには家賃を肩代わりし、それをおこづかいとしている人達もいるようです。

愛人を作るということは、そのような気遣いや余裕がなければできることではありません。愛人関係を持つときは、そのことをよく考えてから出会いを探しましょう。
当デートクラブでは、女性とのデート代が初めから決まっているため金額を交渉する必要がなく、スムーズに愛人関係を作ることができます。トラブルを起こさずに愛人関係を作りたいなら、デートクラブで愛人と出会うという方法と取ってもいいかもしれません。

恋愛情報コラム一覧

PAGE TOP