業界初の新しい出会いの提案!「愛人交際デートクラブ」

お役立ち恋愛情報コラム

女性に嫌われるデートの特徴から学ぶ5つの法則

2019/06/19

XXXX/XX/XX

嫌われるデートの特徴から学ぶ

男性ならデートの時、どうやって自分の魅力を女性にアピールするか考えるでしょう。見た目や話の面白さ、やり方はたくさんあると思います。しかし、気がつかないうちに実はやりすぎていることがあるかもしれません。

以下のデートには男性が女性から嫌われる要素が「5つ」入っています。
こが悪いのか、自分に当てはまるところがあるか。チェックしながら読んでみてください。

紳士的でない行動は嫌われる

男性Mさんは、女性Fさんと1日デートをすることになりました。水族館へ行ったり、映画鑑賞をしたり、二人とも楽しんでいます

ランチタイムになったのでレストランに入りますが、MさんはFさんを盛り上げるために食事中も話すことに夢中です。
食事を終え、ピッタリ割り勘をしたところでお店を出ます。午後の予定は決めてなかったので、MさんはFさんの行きたい場所に行こうと言いました。
その後のデートでも話は盛り上がります。他愛もないFさんの話を「もっと盛り上げよう」と思ったMさんは、通行人がこちらを振り返るほどに大きなリアクションを取るよう心がけました。
日も暮れたのでディナーの為にレストランに入りました。Mさんは常日頃からフランクさをアピールするために店員とタメ口で話すようにしています。しかし、オーダーをした後、料理がなかなか来ません。そこで、店員を呼んで注意しました。ここは男らしく、ビシっと強気な態度で注意をしたほうが良いだろうと思ったのです。
再び楽しい食事にしようと、その後も夢中で話をします。そしてこの日のデートは終わりました。

チェック1. 食事に夢中になるあまり汚い食べ方に
食事中でも女性を盛り上げようとする気持ちは大切です。せっかくのデートですから、食事が楽しくなければお互い良い気持ちにはなりません。しかし、話に夢中になりすぎて食べ方が汚くなってはいけません。

Mさんは話を盛り上げるために、食べながら話してしまったり、その際に口の中を見せてしまったかもしれません。あるいは、食べることをやめ、箸を持ったまま肘をついて話し続けていた、なんて事も想像できます。
このような汚い食べ方は絶対にNGです。ガツガツと男らしい食べ方を好む女性は、実際にはほとんどいません。
落ち着いて食事を取り、マナーある紳士的な一面をアピールするほうが好印象だと言えるでしょう。

チェック2. 割り勘は男としてNG!
食事の割り勘は避けましょう。食事のお代に関して男性が持たなければいけない、女性が持たなければいけないなどの細かいルールはありません。ただ、男性主導のデートをしている以上、男性が払うのが主流のようです。

女性が「どうしても払いたい、払わせてくれ」と言う時は、金額の2割、3割をもらっても良いかもしれませんが、ピッタリ割り勘はいけません。ピッタリだと「細かい」「ケチ」といった悪印象を抱かれてしまう恐れがあります。お代は少し多めに払うのが男としてのマナーでもあります。
中には「対等な立場でありたいから割り勘にする」という人もいるようですが、そのような場合は割り勘を避ける代わりに「食事はごちそうして、レジャーにかかった金額を割り勘にする」「食事はごちそうしてカフェ代を出してもらう」など、お互いが満足のいくような妥協案を見つけましょう。

チェック3. 優柔不断・無責任な男だと思われないようにしよう

優柔不断・無責任な男だと思われないようにしよう

Mさんは食事の後、Fさんの行きたいところに行こうとします。一見、女性の気持ちを優先する紳士的な態度にも思えますが、毎回そのような行動が続けば、優柔不断な男性と思われてもおかしくありません。
さらに、「行きたいところがないから探せと言われてる?」と思わせてしまうかもしれません。自分の行きたいところに連れ回すのが良いわけではありませんが、デートをする時はある程度気になるスポットを探しておきましょう。
この時、女性も男性も楽しめるようなスポットでなければ「自分勝手だ」という印象を持たれてしまうので気をつけましょう。

その上で女性に、「行きたいところがあるか」を聞くようにしてください。相手の行きたい場所がある場合はそこへ行き、女性があまり積極的でない場合はあらかじめ気になっていたところへ連れて行ってあげましょう。

チェック4. 目立つ行動は女性にとっては恥ずかしい
女性との会話で少しオーバーなリアクションを取ることは悪いことではなく、むしろ好感度を上げる行動でしょう。しかし、Mさんのように通行人の注目を集めるほどのリアクションをしてはいけません。女性は、会話が盛り上がることは好きでも、公共の場で目立つのは嫌だと感じることが多いようです。

相手の話に興味を示すことは、女性と付き合う上で非常に重要なことではありますが、やり過ぎには注意しましょう。

チェック5. 店員に強気な態度は好感度ガタ落ちの原因!
「お客様は神様です」このフレーズを鵜呑みにして店員に強気な態度を取る男性は多いようです。
しかし、男性の大きな態度や上から目線を嫌だと思う女性もたくさんいます。年齢を考えず、誰かれ構わずタメ口で店員と会話をする、嫌なことがあると上から目線の態度で強く注意する。これらが女性に嫌われる原因です。
「偉い自分」を見せるための行動だと思っているのであれば、すぐに辞めましょう。「勘違いをしている嫌な男」としか思われません。

また、女性は大きな声を出したり、怒りを露わにした男性に恐怖を覚えることがあります。一度怖いと思われたら、そこから優しいという印象を取り戻すのはほぼ不可能です。
いつまでも相手から好意を持たれたいのであれば、どんな相手にも紳士的な対応をしましょう。

「紳士的な男性」であることを心がけよう
女性と男性では感覚の違いがあるために、やりすぎてしまったり、勘違いしてしまうことがたくさんあります。
女性に「もうデートをしたくない」と思われないようにするには、「偉くて強い自分」ではなく「紳士的かつ主体性のある自分」をアピールすることです。
少しでも当てはまる項目があれば、すぐに直して、楽しいデートを送れるようにしましょう。

恋愛情報コラム一覧

PAGE TOP